トップページ >  ノンシリコンシャンプー豆知識 >  ノンシリコンは泡立ちが悪い?

ノンシリコンシャンプーは泡立ちが悪いって本当?

ノンシリコンだと泡立ちが悪いって本当?

ノンシリコンシャンプーは泡立ちが悪いといわれていますが、シリコンは泡立ちに関係がありませんのでノンシリコンだと泡立ちが悪いということはありません!ただノンシリコンの場合アミノ酸系洗浄成分を使っている場合が多く、アミノ酸系は石油系合成界面活性剤と比べて泡立ちや洗浄力は少なくなります。合成界面活性剤は洗浄力が強すぎるので、すぐ泡立ち汚れも落とせますが必要なものも落してしまいます。

植物由来アミノ酸系洗浄成分の泡立ちは悪くない!
アミノ酸系洗浄成分のノンシリコンシャンプーを石油系合成界面活性剤シャンプーと同じように洗うと泡立ちも悪く、汚れ落としもあまりできません。アミノ酸系洗浄成分を泡立てるのにはコツがあります!シャンプーを付ける前にしっかりと水で洗髪をするのがポイントです。髪をしめらせて、小さな砂やホコリを洗い流しておいてからアミノ酸系のノンシリコンシャンプーを使います。これは車で洗車してからワックスをかけるのと同じことだと思います。髪の毛は水で1分から2分くらい流してから洗うと驚くほどキメ細かい泡でいっぱいに!

ノンシリコンシャンプーの泡立ちが悪い場合の3つのポイント

ポイント1 合成界面活性剤が泡立ちすぎる!
ノンシリコンシャンプーの泡立ちは洗浄成分によって違います。アミノ酸系よりも石油系合成界面活性剤の泡立ちが多すぎるので少なく感じるますがこれが自然です!
ポイント2 シャンプーを使う前に水洗い!
シャンプーを使う前にシャワーだけで水洗いをしっかりやっておくと泡立ちが良くなります。付着したホコリや砂、チリなどを先に流すと髪も傷めません!
ポイント3 整髪剤が多いときは2度洗い!
アミノ酸系のノンシリコンシャンプーは整髪剤でガッチリ固めていると落ちにくいです。水洗いしてシャンプーしても泡立ちが悪い場合は2度洗いがオススメです。

運営者情報 |  ATOM |  サイトマップ

ノンシリコンだと泡立ちが悪いっていわれているけど実際はそんなことありません。

Copyright © 2012 ノンシリコンシャンプーを髪と頭皮の状態で選ぶならコレがオススメ!|口コミ人気ランキング All Rights Reserved
※当サイトのコンテンツ・テキスト・画像等すべての転載転用を固く禁じます。